■女性からの返信がないときは

女性との出会いを求めて出会い系サイトに登録したものの返信が全くないと嘆いている男性はたくさんいるのではないでしょうか。

出会いを主として出会い系サイトに登録したはずなのに、なぜこんなに男性の情熱と女性の熱意の間に差が開いてしまうのでしょうか。

男性から来るメールに返信できないのではなく、返信したくてもできないというのが正しいです。

その実情を知らずに女性にメッセージを送ってもほとんど返信してもらえず、イライラがたまる一方です。

ここでは、女性が男性に返信できない理由と、返信してもらいやすくなるコツを徹底的に解説していきたいと思います。

例えば、私の知人女性の話ですが、有名出会い系サイトにプロフィールを掲載したら、その日のうちに数十通もメールが来たそうです。

さすがに多すぎるメッセージが届いたのでプロフィールを変更したそうですが、それでも20通以上届いたそうです。

出会い系サイトでは女性は貴重な存在として男性からお誘いがたくさんきます。

もしあなたが女性だったとして毎日50通以上もメールが届いたら、仕事終わりで付かれているのに返信しようと思うでしょうか。

一通当たりのメールを数分で終わらせたとしても2時間以上かかるのですが、これを好きでもない初対面の男性相手にやるでしょうか。

自分が女性だったら自分の好きな人に自分の熱意を伝えるとおもいます。

以上のことから、女性がなぜ男性に返信できないかと言うことがおわかりいただけたかと思います。

女性が男性から送られてくるメールの多さに返信させる気力も時間もなくさせてしまっているということです。

女性からの返信率を上げるためにはまず女性の目にとまる必要があります。

■返信率の高いファーストメールとは

出会い系サイトにおける女性の環境がわかれば、適当に何通も送ろうとは思いませんよね。

ではいったいどういうメールを送れば女性から返信してもらえるのでしょうか。

●まず自己紹介をする

当たり前のことですが、ファーストメールでは、まず挨拶や自己紹介をしましょう。

相手に好印象を抱いてもらうコツとしては自分の名前を本名で伝えると言うことでしょうか。

本名を漢字で伝えることにより、相手に好印象を持ってもらうのと同時に信用もしてもらえます。

さらに、女性と仲を深めていくときに、お互いの名前を呼び合ったり、ため口でしゃべり合ったりすることによりよりいっそう仲良くなれると思います。

なので、先に自分の名前を伝えておくことにより、自分のことは○○ってよんでねっていうかんじで、話題にもできます。

●なぜその人にメールをしたのか

出会い系サイトを始めて間もない人は、よく初めてメールを送るときに、プロフィールで気が合いそうだと思いました!なんて簡潔な文章を送ってしまいがちです。

プロフィールのどこの部分が気になったのかを具体的に書くことによって、他の人よりも優位に立つことができますし、相手の印象にも残って返信してもらいやすくなります。

まずは相手のプロフィールや自己紹介覧をみて、何が気になったといえば、相手の心に響くのかを書くようにしましょう。

具体的に何が気になったのかを書くときは、職業などがよく話題にしやすいですが、他の人も話題にしているので、あまり相手の心に残ることは少ないでしょう。

なのでここでは拾える限り自由な発想で相手のプロフィールをみて、いろいろな話題を考えましょう。

もし自己紹介文から、相手の心に響くような情報を拾えなかったら、相手のプロフィールの画像をみてもアイデアを拾うことができます。

肌がきめ細かいだとか、ファッションセンスが洗練されているとか、そういった普段いえないようなことをいってあげれば喜んでもらえますし、相手の印象にも残りやすくなります。

もし相手の自己紹介などから話のネタを拾えなかったら、相手の画像をみたときに、インスピレーションを感じた!なんてのも相手の印象に残りやすい話題になります。

●返信率を上げる方法

以外と皆さん適当に終わらしてしまっているのが最後の締めの一行です。

よかったら友達になってくださいとか、ありきたりなよくある言葉で締めてしまっている人が多いのですが、これでは他の人と差別化できずに埋もれてしまって返信率があがりません。

なぜなら、こういった適当な言い回しで最後の一行を占めると、女性側の心に響かずに返信しようという気にならないからです。

女性がわからしたらメールの内容も重みがなくてなんてことないメールだし、なんでこんなやつにメールを返信しなきゃいけないのかと思われてしまうでしょう。

また人間というのはあまり他人に興味がなく、自分がどれだけ褒めてもらえるかに意識が集中しています。

つまり、丁寧なこりにこった文章を送ることにより、相手に、自分の熱意が伝わって返信してもらいやすくなると言うことです。

こういった感じで相手の心を揺さぶることにより、ファーストメールの返信率を格段に高めることができます。

●ファーストメールは簡潔に

出会い系の使い方のテクニックなどの記事を見てみると、ファーストメールはなるべく長く書くということが書いている人がいますが、それは間違っています。

長文メールに返信をしてくれる女性というのは出会える確率が高い女性ということなので、テクニックとしてはありっちゃありですが、最初のメールで長い文章だとそもそも読んでもらえる可能性が低くなります。

そもそも長文メールに返信してくれるよりも、第一印象で引かれてしまう可能性も高くなります。

それにすべてのメールの文章を長文のメールにしていたら、どれだけ時間が合っても書き切れないでしょう。

そういうことも考えて、ファーストメールの文章は10行程度に抑えておくのが大切です。

■出会い系におけるメールのやりとりのコツ

ファーストメールのテクニックと併せて、出会い系での全般的なコツとして以下のようなものがあるので参考にしてみてください。

どれも言われてみれば当たり前のことを書いていますが、その当たり前のことをごく自然に実践できる人が出会いの確立をあげることができます。

なので、当サイトの記事を使って、ライバルたちを出し抜いて出会いまくっちゃいましょう。

●言葉遣いを丁寧に

丁寧な言葉遣いと言ってもビジネスシーンでお客様に対して使うような、ものすごくへりくだったような文章でなくても大丈夫です。

今のこの記事内容くらいの丁寧な口調でかまいません。

もちろん、ずっと最初っから最後まで丁寧な言葉を使う必要はありませんが、徐々に打ち解けるような言葉遣いになっていけば、とてもいい流れだといえるでしょう。

そもそもありきたりな丁寧な言葉遣いすらままならないような人は、相手にもしてもらえない可能性がありますから、言葉遣いというのはとても重要です。

ですので、少なくともお互いの距離感が固まるまでは、丁寧な言葉使いを忘れないようにすることにより、社会常識のある人だなと思ってもらい、好感を持ってもらいやすくなるでしょう。

●コピーはしない

ファーストメールからやってはいけないことは、コピペメールを送ることです。

すべての人に当てはまるような文章をあらかじめ書いといて、いろいろな女性にコピペして送っても、中身がない文章になるので返信率が下がってしまいます。

機械的な文章は中身がないので、コピペメールだと言うことが何となくわかってしまいます。

ほんの少しでもコピペメールだと思われたら、その女性から返信が来ることはないでしょう。

せっかくメールの文章を打ち込むのならきちんと相手の心に響いて返事がもらえるようなメールを送りましょう。

●相手の名前を書く

相手の名前を書くことにより相手に親近感を持ってもらえるようになります。最初の数通は相手の名前を出すことにより一気に距離を縮めることができます。

ですが、相手の名前を書きすぎるとわざとらしさがでてしまうので、自然な感じで名前を呼びかけるようにしましょう。

●興味を聞き出す

出会い系サイトだけのテクニックではありませんが、相手に気持ちよくなってもらうには、質問のうまさが大切です。

そのためにも相手の興味がありそうな質問をたくさんしていくのですが、この質問を考えるのが意外と難しいのです。

以下の質問はだめなれいです。○○さんはフレンチ好きですか?

男性側の思惑で言えば、パスタが好きです。とかえってきて、じゃあ今度パスタにいきましょうという流れを想像していると思います。

この会話は、機械的で感情があまりはいらないので、あまり面白い内容ではないですよね。

女性側からしたら、このパターンで食事の誘いを受けたことなんて過去に何十回も会ったと思うので、何もおもしろみがないのです。

いい質問というのは、自分の体験談を織り交ぜながら質問することです。そうすることにより相手に興味を持ってもらって感情のこもる文章になります。

●文章量を相手と同じくらいにする

ファーストメールがおわって次のメールからになりますが、メールの文字数や送信の間隔は相手のペースに合わせると好感を持ってもらいやすいです。

例えば、相手が2,3行のメールだったら、自分も2,3行くらいのメールの文章量で返信することがテクニックです。

他にも相手の返信スピードに合わせるというテクニックもあります。相手と同じくらいの返信スピードで返信することにより、一体感が生まれます。

ですがデメリットとして相手の感覚に合わせすぎると、違和感をもたれてしまうので、少しずらしたりすることもテクニックの一つです。

●楽しい雰囲気の時にやりとりを中断する

お互いのエネルギーがつきるまでメールをやりとりする人がいますが、これはあまりよろしいことではありません。

これはなぜか、それは楽しさのピークが過ぎてしまったので、次のメールをやり始めるときのモチベーションが下がってしまうからです。

最初はすごく楽しさ全開だったけど、段々話す内容もなくなってきて、あきちゃったと思われてしまうと次のメールがモチベーションが続かず尻すぼみになってしまいます。

マンネリ化を避けるためには、お互いが楽しいと感じているときにあえてメールを途切れるようにしましょう。

明日仕事で朝早いからとかもっともな理由を付けておけば、簡単にメールを中断することができます。

●直接やりとりできるようにする

出会い系サイト内でのメールは短期間で終わらせて、お互いのプライベートなアドレスでやりとりすることがテクニックです。

男性がメールの一通当たりに対してお金がかかっていることを知っているので、個人的なアドレスでやりとりしてくれやすいでしょう。

ですので、この人とだったら仲を深めたいと思ってくれたら、すぐにでもラインなどを交換してくれます。

10通以上やりとりをしても直接やりとりに切り替えないときは、相手の女性も男性に対してあまり好きではないのかなと思われてしまいがちです。

女性からしたらインターネットを介した顔の見えない相手とのやりとりは常に不安を感じているものです。

徐々に仲良くなれたら合ってもいいけど、すぐに会おうとしてくる男性はあまり好印象じゃないというのが実情でS。

なので、あわてず女性の心をすこしずつ開いていかせることが大切です。

以上のことを踏まえて女性とのメールをするだけでかなり女性に好印象を持ってもらいやすいです。

しかし、そこから返信率の高い女性だけに絞ることができれば、男性が送ったメールの返信率は高くなるでしょう。

●女子大学生

女子大生と主婦はいろいろな理由でメールの返信率が高いのですが、以下のような理由によります。

女子大生は好奇心がたかいので、何でも経験してみようと思って返信率がたかいという結果に結びついています。

また、若い人は嫌な人間だと思われたくないと思っているので、30代の大人などと比べて返信率に如実な結果として表れるのです。

さらに主婦ですが、女性というのは何歳になってもちやほやされたいですし、異性から女性としてみてもらいたいという欲求があります。

ですが夫や家庭という存在によってちやほやされるという環境からは長年遠ざかっているため、ちょっと褒められるようなメールを送られるだけでとても嬉しく思ってくれるのです。

そもそも家庭を持っている主婦が異性との交流を求めて出会い系サイトに登録している時点で、ちやほやされたいという欲求があるので、簡単に落としやすい対象といえるでしょう。

●夜遅くにサイトを使っている人

朝8時くらいに起きて出社して仕事から返ってくるのが夜7時くらいだとすると、21時以降というのは、個人的な暇な時間帯です。

好きな映画を見たり、録画しておいたバラエティ番組を見たり、ゲームをしたり、個人の自由な時間を楽しむ時間帯です。

そんな仕事終わりのせっかく大切な余暇の時間を出会い系サイトにログインして使っている女性というはどういう女性でしょうか。

もちろん人それぞれの趣味嗜好はありますが、共通点としては真剣に出会いを探している女性ということがいえるでしょう。

そういう真剣に出会いを求めている女性にきちんとまじめなメールを送れば高い確率で返信が返ってくると思います。

また人間としての習性として、夜に行う行為は本能的な行動になりやすいという研究もあります。

太陽がまだ照っている時間帯だったら、理性がかかるところを、夜であれば逆に本能的な行動になりやすいということです。

以上のようなことから夜遅い時間帯は男女の交流のパーフェクトな時間帯だといえるでしょう。

●共通点があること

似ている職業だったり、出身地が近かったりなど、あなたと女性との間に共通点が多ければ多いほど、相手の返信率が高くなります。

その地域の人にしかわからないようなお店やcmなどの話はとくに盛り上がりやすいです。

そして、それは出会い系のやりとりでも重要なテクニックなので、あなたと女性との間に共通点を見つけたら、このテクニックを使うチャンスです。

●相手を思い通りに操るテクニック

出会い系サイトでのやりとりに限らず、リアルの私生活でも自分の思い通りに相手の会話を誘導できたらいいと思いませんか。

ですが、もしそれが簡単なテクニックですぐに実践できるテクニックだったら、あなたもすぐに実践したくなると思います。

相手の会話を誘導するテクニックのコツとしては、返しのパターンを準備しておくことが大切です。

例えば、相手と何通かやりとりをして、仲が深まってきたときに相手の名前を聞いたときにすぐに教えてくれるときと、まだ仲が深まっていなくて教えてくれないときもあります。

このとき教えてくれなかったからといって、もたもたしてしまった返信をしてしまうと、相手に不信感を抱かれしまいかねません。

しかし、相手がどういう返信をしてきたとしても、思いつく限りのパターンをあらかじめ想定しておくことにより、余裕を持った返しをすることができます。

そうすることにより、相手からどんな内容が返信されてきたとしても、もう返事の形を用意しているのですから、自分がもっていきたいポイントまでもっていって、会話の流れを導くことができます。

実はこの手法はビジネスシーンなどではよく使われているテクニックで、誰にでも使えるテクニックです。

●情熱が大切

ここまでの内容はいかがでしたでしょうか。あなたが本当に望んでいるテクニックが手に入ったでしょうか。もし満足していただけたなら大変嬉しいです。

ですが、出会い系で返信がもらいやすいノウハウというのは、テクニックではなく純粋に「あなたのことが好き」という情熱だと思います。

それはなぜか?女性と自分の相性も千差万別ですし、文章も多様なので、このパターンがいいなんていうのはないからです。

自分でもよくわからないのですが、どうしても相手とつながりたいという思いがあれば、相手からの返事もいいものになります。

プライベートなアドレスに移行したら、注意したいことは、傲慢な文章を書かないことです。

直接のアドレスでやりとりをするようになったからといって、傲慢になって自信過剰なメールの文章をおくると嫌われてしまいがちですから、注意しましょう。

返信率の高いメールの書き方などは確かに存在しますが、理論ばかりを気にしていると、人間的な大切な部分がおろそかになりがちですから、謙虚な姿勢を貫きましょう。

出会い系で女性とつながりやすくなるコツはこの人と仲良くなりたいという本能から出てくる好意です。

だからこそ出会ったときに楽しいひとときを過ごせると思いますし、幸せなカップルになれると思います。